充実した奨学金制度と勉強に集中できる環境が背中を押してくれる! 看護師の夢を叶えて、活躍の場を世界に広げたい。

金城大学

イメージ

「最初は友達ができるか不安でしたが、意外とあっさりできました!(笑)。先生方も熱心で、勉強に集中できる環境が整っているのも魅力です」

小さい頃から看護師に憧れていた城間さんは、県外進学経験のある母に影響を受け、県外の大学で看護の勉強をしたいと考えていた。そのためには、学費など金銭面の不安を解消する必要があったが、高校の担任の先生に金城大学を紹介してもらった事で一気に道が開けた。同大学には、看護師を目指す沖縄の学生向けに“返還免除奨学金特待生”という制度があり、これを活用すれば学費が免除され、さらに卒業後は兵庫県にある提携病院で働けると知ったのだ。城間さんは、母と一緒に沖縄県で開催された同大学の説明会に参加。担当の方からじっくり話を聞き、進学を決めた。進学後は、質問カードを活用したり、空き教室や食堂で勉強したりと、充実した学習環境を存分に活かして勉強に励んでいる。目標は、看護師の国家試験合格に加え、新生児集中ケア認定看護師の資格を取得する事。卒業後はNICUで働き、いずれは海外の医療機関でも活躍したいと考えている。夢に向かいアクティブに過ごす城間さんは「県外進学は怖くない! 実際は楽しいし、意外に何とかなる!」と話し、学生である今しかできない事を精一杯楽しんでほしいと沖縄の高校生にメッセージをくれた。

GO TO SCHOOL!! 2022 夏 金城大学  城間レナさん

イメージ

縫の先生でもある母が作ってくれたバッグときんちゃく袋。バッグは、帰省時に同じデザインのものを見て、大きめのサイズをオーダー。きんちゃく袋は母が「使う?」とくれたもので、リップや消毒液などを入れている。

イメージ

母が昔使っていたアクセサリー。家で見つけて貰う事に。毎日身に付けているそうだ。

イメージ

城間 レナ Rena Shiroma
沖縄県立向陽高等学校出身、金城大学 看護学部 看護学科2年。同大学の奨学金制度が県外進学を後押ししてくれたという城間さん。両親には感謝しているそうで「私のやりたい事を否定せず、寄り添ってくれます。将来、両親のような親になりたい」と話してくれた。

関連記事

  1. 海外で活躍できる看護師になってお札に描かれるような人になりたい!

  2. イメージ

    ファッションなどの好きな分野を学びつつ 教員免許を取得できるのがこの大学の魅力

  3. イギリス留学で英語力アップ 沖縄の観光産業を支えられる人になりたい

  4. 大きな決断を迫られる時だけど、自分を応援してくれている人がいる事を忘れないで。

  5. 薬剤師になる夢に向かって勉強できているのも両親のおかげ。 感謝の気持ちを忘れずに、今後も頑張ります!

  6. イメージ

    積極性が高まりリーダーシップを発揮! 新規プロジェクトの成功で自信が付きました