県外進学という選択に間違いはなかった!助産師と看護師のWライセンス取得と海外での活躍を目指し、必死で頑張る!

城西国際大学

「先生方による丁寧かつ親身な指導のお陰で、授業の内容が理解しやすいです。また、勉強に集中できる環境も整っています!」

名護さんが助産師になろうと決めたのは、出産の現場の最前線で戦う医療チームの姿を描いたドラマ「コウノドリ」を観た事がきっかけだ。新しい生命が誕生する瞬間に立ち会い、手助けをしたいと思い、助産師が将来の夢になった。そして、高1の時、授業で進路について考える機会を得て、数あるパンフレットの中から最初に見つけたのが、城西国際大学だったという。看護学部があり、助産師と看護師のダブルライセンスが取得できる事や、充実した海外研修制度に興味を持ち、同大学のオープンキャンパスに参加する事に。両親には県外に進学したいと伝えたが、難色を示したので、オープンキャンパスには説得も兼ねて母にもついて来てもらった。様々な設備の揃った実習棟の見学や、先輩たちとの交流会を経て、「この大学に行こう」と心に決めた名護さんは、3年間、毎年母とオープンキャンパスに足を運んだ。その結果、両親も次第に県外進学に賛成してくれるようになったという。猛勉強して臨んだ入試では、この大学に行きたいという強い思いを面接で訴え、高倍率の入試を見事突破。今は授業と勉強で忙しいが、充実した毎日を過ごしている。昨年は、カリフォルニア大学での研修に参加し、日本とアメリカの医療の違いを学んできた。今後の海外研修でも様々な学びを得て、将来は海外で働く事を目標にしている。そのために、国家試験の勉強だけでなく、英語や韓国語の勉強にも取り組んでいるそうだ。また、1週間の計画を決めて勉強に取り組むなど、夢を実現するための努力を惜しまない名護さん。「自分の可能性を広げたいなら、県外進学も視野に入れた方が良いと思います。私は、この選択で間違いはありませんでした。これからも夢を叶えるために、必死に頑張ります!」と話してくれた。

GO TO SCHOOL!! 2020夏 城西国際大学 名護 飛日妃さん

名護 飛日妃 Hibiki Nago
沖縄県立具志川高等学校出身、
城西国際大学看護学部看護学科2年。
助産師と看護師の資格取得を目指す名護さんが目標とする人は、一番上の姉。「姉はやると決めたら最後までやり遂げる人です」。いつか姉を超えたいという気持ちが、頑張りの源になっている。

関連記事

  1. イメージ

    小さい頃からの夢だった映像制作の仕事。憧れを現実にするため、悔いのない選択をしたい!

  2. 夢を仕事にするための努力は欠かせない。学生生活を楽しみつつ、応援してくれる家族のためにも頑張ります!

  3. イメージ

    県外進学で視野と行動範囲が広がった! 建築の勉強に演劇に、充実の大学生活を送っています。

  4. イメージ

    旅をして、いろんな世界を見てみたい。成長できそうなことには、なんでも挑戦するよ!

  5. この学校で学んだ事と、これから身に付ける知識や経験を活かして、活躍の場を広げたい!

  6. イメージ

    未知の分野へチャレンジを恐れるな! ワクワクできる自分でいたら、全てが楽しい。