やりたい事にチャレンジしていく中で、 自分の強みを理解する事ができました。

福山大学

自粛期間はオンライン授業がメインだったという慶留間さん。「なかなか無い事なので、良い経験になりました」

進路に悩んでいた時、野球部のコーチに教えてもらった福山大学。経済面で負担が少ない事が決め手の一つだった。両親は「行くならとことんやってこい」と力強く背中を押してくれたという。 入学後、言葉や文化の違いに不安を抱えて生活していた時、彼を支えたのが県人会の存在だ。同郷の先輩や同期と話すうちに、寂しさが癒えた。そんな彼も現在は県人会の会長として、メンバーを支える立場に立っている。「大学で信頼できる恩師にも出逢えました」と慶留間さん。もともとプロアスリートとして活躍していたゼミの担当教授には学業の事だけでなく、将来の事も相談に乗ってもらっている。チャレンジ精神旺盛な慶留間さんはデザイン、製作、販売経路などをプロデュースしたオリジナルのアパレル商品を発売するなど、学外でもアクティブに活動している。「もともと持っていた行動力に加えて、戦略をしっかり立てて動く事で、自分にしかできない事があると気づきました」と慶留間さん。そんな彼は現在、両親から影響を受け教員を目指している。「沖縄へ戻って公立高校の体育教師、そして野球部の監督になりたいです。狭き門なのですが、頑張ります」

GO TO SCHOOL!! 2020夏 福山大学 慶留間 大智さん

尊敬している我喜屋優監督のサイン入りボール。「我喜屋監督のような監督になって、自分が指導するチームを甲子園に連れて行きたいですね」

自身がプロデュースを務めたアパレル。ネットでの販売をメインにしていたが、今秋から店頭での販売も開始されるそう。

慶留間 大智 Taichi Keruma
興南高等学校出身。
福山大学経済学部経済学科4年。
「友人を呼んでご飯を食べたり、お酒を飲んだり。一人暮らし、とても楽しんでいます」と語る慶留間さん。休日には釣ってきた魚をさばいて、料理する事もあるんだとか。

関連記事

  1. この学校で学んだ事と、これから身に付ける知識や経験を活かして、活躍の場を広げたい!

  2. 地元の人の健康を支えられる管理栄養士になりたい、そのための知識と技術を学んでいます。

  3. 親にすぐ頼る事ができない環境へ行く事で 早く自立したいと考えていた。

  4. 夢を仕事にするための努力は欠かせない。学生生活を楽しみつつ、応援してくれる家族のためにも頑張ります!

  5. イメージ

    生徒の成績をサポートできる体育教師になるために、当たり前のことを一生懸命やりたい。

  6. 沖縄を出て沖縄の良さがわかったように、日本を出たら どんな景色が広がるのか…今からワクワクしています。