現場に求められる薬剤師になり チーム医療の一員として活躍したい

城西国際大学

「自立できるように育ててくれた両親にはとても感謝しています」。

看護師として働く母や叔母を見て育った兼元さんは、早くから医療業界に興味を持つように。そして高校3年生の時にチーム医療の重要性をお母さんから教えてもらったことがきっかけで、薬剤師としてチーム医療の現場で活躍したいと明確な夢を抱くように。その後、沖縄で進学相談会に参加して薬学科のブースを回ったところ、同校ではチーム医療の学びに力を入れていること、学生に対し、教員が6年間にわたり大学生活や学習サポートを行うアドバイザー制度があることを聞き、ほぼ即決で入学を決めた。大学生活について質問すると、「先生が優しくて授業時間以外でもわかりやすく教えてくれる」と、疑問があれば、すぐに教授の部屋へ向かうという。また、隙間時間には自身の手書きで作成した試験問題を繰り返し解き、学びを深めていると話す。そうした努力の甲斐もあり、入学時から目標としているA評定以上の成績は、ほぼ保たれているそうだ。そんな兼元さんの目下の目標は、ストレートに大学を卒業し、薬剤師国家試験に合格すること。その間の貴重な学生生活においては、内地での生活を楽しみ、海外旅行の計画も立てたいと笑顔を見せた。

GO TO SCHOOL!! 2023 城西国際大学  兼元 美雨さん

毎日のように連絡を取り合う小中学校時代の同級生から贈られた腕時計とブレスレット。「高価なものなので大切に、毎日身に付けています」。

上京前に祖母の家で集まった時に叔母からプレゼントされたペン。いとこと色違いで、それぞれの名前が刻印されている思い出の品。

兼元 美雨
Miu Kanemoto
沖縄県立那覇高等学校出身。城西国際大学 薬学部 医療薬学科2年。新入生を迎えた春先には、学科で募集していた授業サポートのアルバイトを経験。「学習方法など分からない事は先生や先輩方が教えてくれるので安心して学校生活を送れます」。

関連記事

  1. イメージ

    あんなちっこい島にいたら、ないちゃーに戸惑うのは当然! 開き直って、新しい発見や経験を楽しんじゃおう♪

  2. イメージ

    旅をして、いろんな世界を見てみたい。成長できそうなことには、なんでも挑戦するよ!

  3. 親にすぐ頼る事ができない環境へ行く事で 早く自立したいと考えていた。

  4. 過去の記事一覧

    過去記事|GO TO SCHOOL!!夢実現マガジン

  5. 今まで経験できなかったことがたくさんできて、 自分次第でとても充実した大学生活が送れます。

  6. イメージ

    企業とのコラボ課題で成長を実感! グラフィックデザインの 基礎からプロの高度なスキルまで学べます。