あんなちっこい島にいたら、ないちゃーに戸惑うのは当然! 開き直って、新しい発見や経験を楽しんじゃおう♪

城西国際大学

イメージ

進学とは、自分のやりたいこと、輝ける場所を見つけること! どこにいても家族とはつながっているから大丈夫。かなさんどー♡

大好きな地元・中城村を活性化させたい。村内にみんなが集える場所を作りたい。そんな想いから、地域創発や観光学を学べる城西国際大学へ入学した呉屋さん。国際大学という名の通り、海外にはいくつもの姉妹大学と豊富な留学プログラムがあるため、世界から日本を見つめなおし、地域の魅力を創り上げ発信する事を学ぶにはうってつけの大学だと感じた。そして、実際に高3の夏にオープンキャンパスに参加してその確信が得られた。加えてもう1つ、大学選びの決め手になったのは、キャンパスのある鴨川市が、沖縄の雰囲気や景色に似ている事だ。「沖縄や家族が恋しくて泣いちゃう日もある」と一瞬目を潤ませたが、「そう思えるようになったのも新たな発見!」と、沖縄を離れ内地で生活する中で、新たな発見と経験がたくさん溢れ、毎日がとても充実していると笑顔を見せた。“進学=勉強”となってしまいがちだけど、大切なのは、そこに自分が求めているものがあるか、今以上に輝ける場所かを見極める事。授業についていくのは大変だけど、自分の好きな分野を学ぶのは本当に楽しい。資格試験や検定も率先して受け、新しい事にもチャレンジしていきたいと語った。

GO TO SCHOOL!! 2019秋 城西国際大学 呉屋 美晴さん

イメージ

応援している琉球ゴールデンキングスグッズ。千葉で開催予定の千葉ジェッツとの対戦を楽しみにしている。

イメージ

小学校3年生の時の親子工作で、お母さんが作ったシーサーをお守りとして部屋に飾っている。

呉屋 美晴  Miharu Goya
沖縄県立普天間高等学校出身。城西国際大学 観光学部 観光学科1年。
7月にインドネシアへ3週間アジアサマープログラムに参加し、より視野が広がった。
「世界中のいろいろな場所に行って人に出会い、いろんな経験をするためにも語学力を向上させたいです」。

Message From〜保護者からのメッセージ

プラス思考で楽しんで、今しかできない経験をたくさんして欲しいです。

保護者

呉屋 優さん・さゆりさん(父・母)

県外進学は高校3年生になった頃に言われたのですが、てっきり県内で進学すると思っていたのでビックリしました。観光業について学べる学校の資料を取り寄せ、実際にオープンキャンパスに参加したりして今の大学に決めたみたいです。中城村を活性化させたい! と、ずっと言っていたので本気なんだと思って応援することにしました。県外に行ってからは、今までやらなかった家の事をやるようになったり、コミュニケーション力がアップしている感じがして成長を感じています。せっかくの県外生活、目標に向かって充実した毎日を過ごしながら夢を達成して欲しいです。

関連記事

  1. イメージ

    校内ガイダンスがきっかけで選んだ県外進学が大正解。二人で励ましあいながら、将来の目標に向かって大学生活をエンジョイ中!

  2. 沖縄特別奨学生制度で4年間の授業料が半額に! 就活コーチのサポートで内定を獲得できました。

  3. イメージ

    外からしか見る事ができない沖縄を見た事で、沖縄出身である事が誇りになりました。

  4. イメージ

    第一線の知識や技術を学べる最高の環境で努力を続け、 ゲームクリエイターの夢を叶えたい!

  5. 沖縄に残ったら甘えてしまう、 環境を変えなければ学びに集中できないと思った。

  6. 大きな決断を迫られる時だけど、自分を応援してくれている人がいる事を忘れないで。