沖縄特別奨学生制度を利用して授業料が半額に! スピーチコンテスト出場や留学を通して語学力が向上しました。

明海大学

明海大学

学内のお気に入りのスポットは図書館。「中国語新聞を読んだりパソコンを利用したりしています」。

高校時代に観光コースで中国語を学んだ出地さんは、「恩師のような中国語教諭になりたい!」という夢を抱き、中国語の教員免許が取得できる大学への進学を希望。2つの大学のオープンキャンパスに参加して、明海大学に進学を決めた。理由は、学校や街の雰囲気がとても良かった事と、沖縄特別奨学生制度で4年間の授業料が半額になる点に魅力を感じたからだ。両親も「好きな事をやりなさい」と笑顔で送り出してくれたと話す。入学後も、主体的に勉学に励む出地さんは、中国語のスピーチコンテストに多数出場し、優秀賞や市長賞など多くの賞を受賞。オープンキャンパスではスタッフとして、通訳のお手本となった。また、2年次には中国と台湾へ2度の短期留学を経験。うち1度は学科の推薦を受け、奨学海外研修として費用全額大学負担で留学できたと話す。現在は教育実習に向けた準備と就職活動を並行中。中国語に携わる職種を希望しているが、採用枠が少ないため視野を広げて検討中だ。将来的には石垣島に戻り、中国語教諭になるのが夢だという出地さん。既に漢語水平考試(HSK)5級には合格しているので、卒業までに最難易度の6級合格を目指す事も目標としている。

GO TO SCHOOL!! 2021 夏 明海大学 出地 祐希さん

お母さんお手製の布マスク。「全部で6枚送ってくれましたが、ジャストフィットするサイズはありません(笑)」。そう言いながらも、繰り返し使えるので重宝しているそう。

18歳の誕生日に兄がプレゼントしてくれた腕時計。

明海大学

出地祐希 Yuki Idechi
沖縄県立八重山商工高等学校出身
明海大学 外国語学部 中国語学科4年。首都圏の魅力は「テレビで見ていた街や観光地にすぐに行けること。四季折々の自然や景観が楽しめるところ」と教えてくれた出地さん。「自分に関わる全ての人に感謝しています」と周囲への思いを語る。

GO TO SCHOOL 2021.7

関連記事

  1. 急な進路変更を応援してくれた両親、 大学での学びを活かして恩返しがしたい。

  2. これまでの選択が今の夢に繋がっている。 過去を後悔しないためにも頑張りたい。

  3. 大きな決断を迫られる時だけど、自分を応援してくれている人がいる事を忘れないで。

  4. 夢を仕事にするための努力は欠かせない。学生生活を楽しみつつ、応援してくれる家族のためにも頑張ります!

  5. イメージ

    私もすごく悩んだからこそ分かるこのタイミングにしかできない決断を。

  6. やりたい事にチャレンジしていく中で、 自分の強みを理解する事ができました。