沖縄特別奨学生制度で4年間の授業料が半額に! 就活コーチのサポートで内定を獲得できました。

明海大学

就職は学生生活の集大成。「これまで得た学びや成果を存分にアピールでき、ほっとしています」。

石澤さんは、4年生の6月に本命企業の内定を獲得。同大学では、1年次よりキャリアプログラムが組まれており、3年次からはマンツーマンで内定まで寄り添ってくれる就活コーチのサポートが受けられる。「志望分野だけでなく、私の適正を考慮したさまざまな業界や業種を紹介していただきました。試験に万全の体制で臨めたのは、就活コーチのお陰です」。もともと石澤さんは、グランドスタッフに憧れて進学を決意。同大学には沖縄特別奨学生制度がある為、4年間の授業料が半額になる点も魅力の1つだった。入学してまず取り組んだのが、進級要件のTOEIC(L&R)600点以上(現在はTOEIC(L&R/S&W)1200点以上)をクリアする事だ。1回目の試験では355点だったが、先生の教えを実直に守り、半年後には645点に到達。2年次には、国内旅行業務取扱管理者の試験に見事合格した。「目標を掲げ、やり遂げた時に得られる達成感の為なら努力を惜しみません。県外進学もそうですが、新しい事を始める時や目標ができた時は、いつも"ワクワク"の方が勝るんです!」そう笑顔で語る石澤さんは、早くも社会人生活に向けて新たな目標を模索している。

GO TO SCHOOL!! 2020夏 明海大学 石澤 涼香くん

浦添高校から同学科に入学した3人は今も仲良しで、この4年間の色々な出来事を共に乗り越え分かち合ってきた。もともと高校時代は4人組で、1人は沖縄に残り、応援してくれている。写真は、上京時に沖縄に残った親友から贈られたオリオンビールTシャツを3人で着用した思い出の1枚。(右)石澤さん/(中)瀬戸 京さん・本誌2017年7月号掲載/(左)新崎 夢乃さん・本誌2018年7月号掲載

親友から贈られたオリオンビールTシャツ

石澤 涼香 Suzuka Ishizawa
沖縄県立那覇高等学校出身、
沖縄県立浦添高等学校出身、明海大学 ホスピタリティ・ツーリズム学部 ホスピタリティ・ツーリズム学科4年。大学は“夢を実現するための学びの場”と考えていた石澤さんは、英語運用能力の点数による進級要件がある厳しい環境の方が自分を律して学べるので、性格的にも向いていると思い明海大学に進学を決意した。

関連記事

  1. 「何を学びに行くのか」を明確に 今しかできない経験を楽しもう!

  2. イメージ

    県外に行くことを甘く考えないで!自分の意志と目標を持って大学を選んでほしい。

  3. 沖縄のテニスのレベルをあげるため、 指導力を身につけて帰りたい。

  4. イメージ

    自分が興味のあることを探究しよう! 好きな事が学べる授業はとても楽しいです。

  5. イメージ

    実際に住んでみて広島がもっと好きに。 生徒の気持ちがわかる家庭科教員になりたい。

  6. イメージ

    家族の姿を見て決めた将来の夢、ここなら叶えられると思ったから。