県外進学で視野と行動範囲が広がった! 建築の勉強に演劇に、充実の大学生活を送っています。

日本工業大学

イメージ

「授業がとにかく楽しいです! 一級建築士として経験を積んだら沖縄に帰り、いつか地元に自分の設計した建物を建てるのが夢です」

下地くんが建築の道に進むと決めたのは、この道の先輩であるお父さんの影響が大きい。大学と専門学校の2つの進路で悩んだ時、「建築を学ぶなら、大学に行った方が良い」と助言をくれたのもお父さんだった。大学進学にあたり、普通科高校で学ぶ科目が基礎となる授業への不安があったそうだが、工業高校出身者向けのカリキュラムが組める日本工業大学の事を知り、同校のオープンキャンパスに参加してみる事に。そこで展示していた学生の作品や充実した設備を見て、「この大学に行こう」と心に決めた。入学後は一級建築士の受験資格取得を目標に、授業や課題に日々取り組んでいる。最近では宅建という新たな目標もでき、卒業までの資格取得を目指してこの春から勉強を開始したそうだ。将来の夢に向かって一直線な彼だが、毎日の勉強に励む傍ら、取り組んでいる事がある。それは演劇だ。昨年秋に劇団に入団し、年1回の発表会で念願の初舞台を踏んだ。他県出身の大学の友人達や劇団で知り合った異なる世代の人達から刺激を受けていると笑顔で話す下地くんは、内なる情熱を原動力に、今しかできない事にまっすぐ向き合っている。

GO TO SCHOOL!! 2019夏 日本工業大学 下地 秀矢くん

高校時代から使っているペンケース

高校時代から使っているペンケース。シャープペンシルは高校時代に先生から貰ったもの。定規や消しゴムも高校時代から使っているものだ。

三角スケールと製図道具

授業に欠かせない三角スケールと製図道具。「三角スケールは高校の時から使っています。製図道具を入れているケースは大学に入ってから買いました」。

イメージ

下地 秀矢 Shuya Shimoji
沖縄県立沖縄工業高等学校出身。
日本工業大学 建築学部 建築学科 建築コース2年。
親元を離れ両親の偉大さを痛感した下地くん。
授業や課題、趣味の演劇の合間を縫って家事をこなしたことで、2年生となった今では1年前とは見違えるほど自己管理能力が身に付いた。

Message From〜保護者からのメッセージ

本人達には言ったことは無いんですが、いずれは兄弟で事務所をひらいてもらうのが私の夢です。

保護者

下地 秀喜さん(父)

男だけ4人兄弟の末っ子で、人の後ろを付いて歩く様な甘えん坊でおとなしい子でした。小学校から始めた野球ではずっとピッチャーをしていたんですが、高校最初の夏に怪我で野球は断念せざるをえなくなってしまいました。進路に関して私はノータッチで、特に建築の道に進みなさいと言ったことは無く自分で選んで今の大学に決めました。将来の事もありますが、学生時代というのは二度と無いので、今は建築の勉強を一生懸命やりつつ友達もたくさん作って、今しかできない事を楽しんで欲しいです。

関連記事

  1. イメージ

    「大学でもバレーをやりたい」で選んだ進路。 無名高校出身ながらインカレ準決勝でサーブ!

  2. イメージ

    未知の分野へチャレンジを恐れるな! ワクワクできる自分でいたら、全てが楽しい。

  3. イメージ

    あんなちっこい島にいたら、ないちゃーに戸惑うのは当然! 開き直って、新しい発見や経験を楽しんじゃおう♪

  4. イメージ

    県外に行くことを甘く考えないで!自分の意志と目標を持って大学を選んでほしい。

  5. イメージ

    生徒の成績をサポートできる体育教師になるために、当たり前のことを一生懸命やりたい。

  6. イメージ

    ネイティブ教員と会話ができるMPPECで語学力アップ 「沖縄特別奨学生制度」を利用して明海大学に入学しました!