駅伝に情熱を注いだ4年間。有終の美を飾るべく、今年は 箱根駅伝の出場と走者を目指したい!

城西大学
城西短期大学

城西大学 城西短期大学

県外進学によって自立でき、また、沖縄の良さを知った。「視野が広がり、親の有難みも理解できました。県外進学はお勧めです!」

中学時代、助っ人で出場した陸上大会で1,500mを走り、地区2位の好成績を収めた當山さんは、走る楽しさに目覚め、高校では陸上部に所属。結果を残すにつれ、「大学でも競技を続け、箱根駅伝に出場したい」と考えるように。そんな折に、中部商業高校出身の城西大学駅伝部OBと知り合い、「箱根を目指すなら」と同大学を勧められた。當山さんは、充実した練習環境やチームの雰囲気、そして、監督の人柄に惹かれ、城西大学への進学を決意。また、高校で学んだ内容を深めたいと、経営学部を志望した。入学後は授業の他、日曜以外は駅伝部でみっちり練習を行い、最高のパフォーマンスが発揮できるようトレーニングを重ねている。また、勉強にも精を出し、日商簿記3級やファイナンシャルプランナー2級の資格を取得した。最大の目標は箱根駅伝への出場で、2年生まで怪我に悩んだが、調子が上向いてきた今年こそ、走者に選ばれたいと意気込みを語る。また、授業を通じて興味を持った金融の仕事に携わるべく、金融業界に就職する事も目標だ。これまでの集大成を形にしたい。その思いを胸に、大学生活も残り1年を切った今、當山さんはラストスパートをかける。

GO TO SCHOOL!! 2021 夏 城西大学 當山 凌司さん

いなむどぅちが好物の當山さんに、母が送ってくれた。「いなむどぅちはもちろんですが、沖縄の食べ物が全般的に好きで、届くとテンションが上がります」。

城西大学の進学を勧めてくれた、高校の先輩で、城西大学駅伝部OBの針渕さんからもらったオリオンビールのTシャツ。上京の際、激励の意味を込めてくれた。

城西大学 城西短期大学

當山 凌司 Ryoji Touyama
沖縄県立中部商業高等学校出身
城西大学 経営学部 マネジメント総合学科4年。城西大学の駅伝部は、最高の走りを実現するための環境が整っている。距離ではなく、スピードに重点を置いた練習内容も、當山さんが同大学を志望するきっかけになったそうだ。

関連記事

  1. イメージ

    校内ガイダンスがきっかけで選んだ県外進学が大正解。二人で励ましあいながら、将来の目標に向かって大学生活をエンジョイ中!

  2. イメージ

    私もすごく悩んだからこそ分かるこのタイミングにしかできない決断を。

  3. 沖縄を出て沖縄の良さがわかったように、日本を出たら どんな景色が広がるのか…今からワクワクしています。

  4. 県外進学という選択に間違いはなかった!助産師と看護師のWライセンス取得と海外での活躍を目指し、必死で頑張る!

  5. 迷わず決めた県外進学が、成長をもたらしてくれた。 先入観は捨てて、新しい場所に飛び込んでみて!

  6. イメージ

    やりたい事をやるために自分から動く。 身に付けた積極性を武器に将来の夢を叶えたい!