疑問点や悩みを気軽に話せる。 先生や先輩たちとの距離の近さが、この大学の魅力です!

城西大学
城西短期大学

イメージ

「首都圏の病院の、できれば小児科で管理栄養士としての経験を積んでから、沖縄の病院でキャリアを活かしたいと考えています」。

家庭科教師になる事を考えていた伊禮さんが管理栄養士を目指すようになったのは、入院していた祖父の病院食に対する不満を聞いた事がきっかけだ。管理栄養士になって病院食に携わりたいと思うようになった伊禮さんは、病院の管理栄養士には、栄養はもとより医療や薬に関する知識も必要だと考え、日本で唯一、栄養学の他に医療や薬学についても学べる城西大学への進学を決めた。入学後、自分の将来に迷いを感じた時期もあったが、そんな時に支えてくれたのが他ならぬ同大学の先生方。悩みに真剣に耳を傾け、的確なアドバイスをしてくださったそうだ。そのおかげで迷いがなくなり、管理栄養士の道を諦めずに済んだという。病院の管理栄養士という夢を実現すべく、授業で分からない事があるたび、先生方や大学院生の先輩方に欠かさず質問するという伊禮さんは、この大学の魅力について、「気軽に質問できるくらい、先生や先輩たちとの距離が近い事」だと話す。将来を迷った時の事は、今ではもう笑い話。「他の道を選んでいたら、きっと後悔していたと思う」と話す彼女の笑顔から、充実した大学生活を送っている事が伝わってきた。

GO TO SCHOOL!! 2019夏 城西大学 伊禮 綾音さん

プレゼントしてくれたマフラー

妹さんがまだ幼稚園生の時に、記念すべき第一作目として作りプレゼントしてくれたマフラー。内地に行く伊禮さんを想って作ったものだ。

イメージ

インターハイの時に持っていったお守りのマスコットと高校卒業時に貰ったテニス部の思い出のアルバム。どちらもテニス部の後輩が作ってくれたもので、今でも大切にしている。

イメージ

アメリカンヴィレッジで買った、いい香りの消毒液。普段からリュックにぶら下げている。「高1の時に買ったのに、なかなか減らないんですよ!」

伊禮 綾音 Ayane Irei
沖縄県立具志川高等学校出身。
城西大学 薬学部 医療栄養学科3年。
水田三喜男記念奨励生に選ばれ、今年2月に国際グローバル研修でハンガリーに行った伊禮さん。
他学部生とも交流を深めるなど、有意義な時間を過ごしたそうだ。

Message From〜保護者からのメッセージ

一生懸命頑張っているのはちゃんと伝わっています。応援するので夢に向かって頑張ってほしいです。

家族

伊禮 弘幸さん・恵さん・弘恭さん・啓竜さん・裕理菜さん(父・母・兄弟)

何でもやりたがりで、エレクトーン・英会話・水泳、器楽部では管楽器を演っていました。中学生からは軟式テニスを始めて高校卒業まで頑張っていました。管理栄養士になりたいという事だったのですが、当時沖縄には学科が無くやりたい事をやって欲しかったので、埼玉の叔母さんの家に下宿して城西大学に行く事になりました。埼玉には小さい頃から子供達だけで行かせていたので安心して送り出しました。これからまだまだ勉強は大変になっていくと思うけど社会に出ても学びは続きます。夢に向かって今できる事を頑張って欲しいです。

関連記事

  1. イメージ

    実家にいるような安心感が得られるプライベートが守られた東京での寮生活

  2. イメージ

    第一線の知識や技術を学べる最高の環境で努力を続け、 ゲームクリエイターの夢を叶えたい!

  3. イメージ

    生徒の成績をサポートできる体育教師になるために、当たり前のことを一生懸命やりたい。

  4. イメージ

    ネイティブ教員と会話ができるMPPECで語学力アップ 「沖縄特別奨学生制度」を利用して明海大学に入学しました!

  5. イメージ

    やりたい事をやるために自分から動く。 身に付けた積極性を武器に将来の夢を叶えたい!

  6. イメージ

    小さい頃からの夢だった映像制作の仕事。憧れを現実にするため、悔いのない選択をしたい!