【広島留学】「大学のまち・学生のまち」が広島県の魅力

広島県の大学短大数

広島県の大学・短大数は25校、収容率は59%!

広島県は人口の割には大学・短大数が多く大学・短大進学率は60.6%で全国5位、自県民の収容率も23,238名の高校卒業者数に対して大学・短大の収容人数は13,706人で59.0%の収容率となります。沖縄県の収容率は29.2%(14,861人:4,337人)ですので、自県民を受け入れられる人数は倍以上あると言えます。広島県は中国地方における中心的なエリアですので、他府県からの入学者も多いのでそう単純ではないとしても、教育立県として魅力的なエリアと言えます。

イメージ

広島県から沖縄への移動

広島から沖縄へ里帰り、広島空港? 福岡空港経由?どちらがお得?

広島県には広島空港があり那覇空港と直行便が飛んでいます。しかし1日1便ですので沖縄からの発着が多い福岡空港を経由するのもひとつの手段です。
時期やチケット購入タイミングにもよりますが、LCCを利用するとかなり割安な航空運賃もありますので、里帰りの際には早めに計画することで経費節減が可能です。

イメージ

広島県の移動手段

日本一の路面電車の街通学に、買い物に、風情を満喫!

広島県は総延長35.1kmにも及ぶ路線を持つ日本一の路面電車の街です。昔ながらのレトロな車両も運行しており、街の風物詩として観光客からも大変な人気です。戦時中、原爆で被害を受け被爆電車として知られる650形も現役で運行しています。庶民にも愛される路面電車にゆっくり揺られながらの通学や買い物もいいですね。

広島県のアルバイト事情

最低賃金ランキング全国10位!地方都市としてアルバイトは充実!

リクルート社のタウンワークによると広島県におけるレストランホールスタッフの平均賃金は956円。東京都の1,177円には及びませんが、沖縄県(880円)や福岡県(921円)よりも高く、地方都市としては高めなことが分かります。原爆ドームや厳島神社と2つの世界遺産があり、国内外から多くの観光客が訪れる街として、アルバイトは充実しており学生には嬉しい環境と言えます。

イメージ

平和都市広島

平和を学ぶ都市として沖縄との交流も深い広島県!

この世で最初に原子爆弾の惨禍を経験した広島県。毎年8月6日には核兵器廃絶と人類恒久平和を願い全世界へ向けて「平和宣言」を発表、9ヶ国語に翻訳されています。その想いが届いているのか、海外から訪れる観光客も欧米人が多いのも特徴です。日本国内で唯一地上戦となった沖縄県との縁も深く、教職員組合交流、少年野球交流、平和講演・演劇、英語で学ぶ平和学習交流など、民間でもさまざなな活動が行われています。学生時代の4年間で専門的な学びとともに平和について学んでみるのもいいかもしれません。

イメージ

広島の大学の略称

馴染みのない大学でも略称で親しみを感じます!

各大学には地元で呼ばれている略称がついているのがほとんど。志望校の略称も探してみよう! 掲載校の略称は以下の通り。
※Wikipediaより

広島大学 広大:ひろだい
広島文化学園大学 文化:ぶんか
広島国際大学 広国:ひろこく
広島文教大学 文教:ぶんきょう
広島女学院大学 女学院:じょがくいん
福山大学 福大:ふくだい
福山平成大学 福平大:ふくへいだい

広島留学おすすめ大学

【他の県外留学を読む】

関連記事

  1. 県外留学

    県外留学 GO TO SCHOOL! 県外へ飛び出そう!

  2. [2020]相愛大学個別相談会 in沖縄[第2弾]-WEB相談会対応-

  3. 県外留学2020

    県外留学2020!もっと自由に、いっぱい学ぶ

  4. イメージ

    知っておきたい進路選択

  5. [2020]大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部 個別相談会 in 沖縄

  6. イメージ

    注意しておきたい!奨学金の落とし穴