解決! コロナ禍の進学問題!

|目指せる学校タグ| #コロナ

新型コロナに負けるな! 高校生!
新型コロナウイルス感染症は社会のさまざまなところへ大きな影響を与えました。君たち高校生にとっても大変な1年でした。特に受験生となる3年生は不安がいっぱいではないでしょうか。この1年間はコロナ禍での受験になり初めてのことが多くありました。今年受験を迎える3年生に向けて、この1年を振り返り少しでも参考になるよう特集します。

コロナ前とコロナ後、何が変わった?

コロナにより早期受験に加え地元志向が強まる!?

2020年の受験生は、コロナの影響を受け約3割の人が入試方法の見直しをしたと言われています。また、受験先そのものを変更した人も多かったようです。私立大学の一般入試の受験者が全体的に減少していることから総合型選抜や指定校を含む学校推薦型選抜などの早期受験に変更したと考えられます。志望校が決まっている人は早期受験を視野に入れたほうが良さそうです。また、コロナに対する不安や家庭の経済的変化により、地元志向も強まっていると聞きます。もともと沖縄は県内大学の競争が激しい地域ですので、大学進学希望者は県外併願校を早々に設定していた方が良さそうです。

試験日や出題内容の急な変更もありうる!?

昨年1年はコロナ第1波、第2波、第3波と想像以上に拡大し、受入先の大学や専門学校の方々も大変な苦労があったようです。文部科学省でも受験生がコロナにより不利にならないよう追試による受験機会の確保や学力試験などでの配慮などを要請し、その内容をホームページで公表していました。2022年度入試でも同様に試験日や出題内容に急な変更もあり得るので、志望校の入試情報には十分に注意して再三再四ホームページなどで確認するようにしましょう。

約8割の大学が遠隔授業と対面授業を併用!

コロナの影響による遠隔授業が話題になりましたが、2020年7月の時点で対面授業を実施していない大学が約2割ありましたが、後期授業ではほとんどの大学で対面授業を開始したようです。すべて対面授業としている大学も2割ほどあり、当面遠隔授業との併用が続くと思われますが、対面授業の割合は今後も増えてくると思われます。

オープンキャンパスや進学相談会には参加していいの?

オンラインオープンキャンパスを覗いてみよう!

志望校の様子を見るのは実際に大学や専門学校に出かけて自分の目で見て肌で感じることはとても大切です。実施する学校側もコロナ対策を十分に行っているので、自分自身がしっかりとした対策をしながらの参加であれば問題ないと思いますが、どうしても不安に思う場合はオンラインオープンキャンパスに参加してみてはどうでしょうか。リアルなオープンキャンパスと同様に日時を設定し体験授業やキャンパスツアーを実施していたり、24時間いつでも見れるビデオによる学部学科ごとの紹介や360°カメラを使ったキャンパスウォッチなど、ホームページ上の学校紹介もこの1年間で飛躍的に充実してきています。

進学相談会は時間をずらして混み合わない時間帯に!

大きな会場に多くの大学や専門学校がブースを出して相談を受け付ける進学相談会。主催者側でもガイドラインを作りしっかりとした対策は練っているものの、やはり多くの人が集まり密集しがちなので不安は拭い去れません。マスクや携帯除菌スプレーなど個人個人の対策はもちろんですが、混み合わない時間帯を選んで参加するのもひとつの手です。通常校外で実施される進学相談会は16:30~18:00頃がピークとなりますので、開場直後の時間を狙って出掛ければ密集を避けることができます。

オンライン個別相談(WEB個別相談)に積極的に参加しよう!

大学や専門学校ではオンラインでの相談を積極的に受け付けています。これまでは志望校が進学相談会に参加していないことも多々あったかと思いますが、国公立大学も含めほとんどの学校でオンラインによる個別相談を受け付けているので、遠隔地の大学等を希望している人にとってはコロナの影響でプラスに転じたと言えるでしょう。

受験日前の数日間は新型コロナ対策をしっかりと!

受験の大切な時期ですので、感染しないことがもちろん第一です。文部科学省でも「体調がおかしいときは外に出ない、人と会わない」「自主検温で体調を把握」「外出は必要最小限に」「普段からマスク着用」「食事の際は向かい合わず、会話は最低限に」「こまめな石けん・アルコールによる消毒」「密閉空間、密集空間、密接場所を避ける」と呼びかけています。世知辛い… と思うかも知れませんが、東京大学男女共同参画室の東大生から「自分で勉強する習慣をつける良い機会」「不安な状況でも楽しんで勉強に取り組むように」などとアドバイスしています。プラスに転換するようにしましょう!

濃厚接触者または陽性になってしまったら

入試変更・追加入試を受験校に確認!

2020年度の大学入試共通テストは、万が一コロナに感染したり濃厚接触者と認定された場合は、追試・特別追試を行うなど万全な対策を行っていたようです。私立大学においても同様に受験者がコロナにより受験機会を失ってしまわないよう十分に配慮しています。また文部科学省からも各大学に総合型選抜や学校推薦型選抜実施において、オンラインによる個別面接やプレゼンテーション、大学の授業へのオンライン参加とレポート作成、実技動画の提出、小論文等や入学後の学習計画書、大学入学希望理由書などの提出を取り入れるよう配慮を促しています。万が一の場合にも諦めず、落ち込まず、まずは受験校に問い合わせてみると心得ていましょう。

関連記事

  1. 福岡留学

    【福岡留学】「大学のまち福岡 広がる情報・つながる縁」が福岡県の魅力

  2. 県外留学

    県外留学 GO TO SCHOOL! 県外へ飛び出そう!

  3. イメージ

    [ワンランク上を目指す]専門学校からの大学編入

  4. イメージ

    知っておきたい進路選択[2021]

  5. 広島留学

    【広島留学】「大学のまち・学生のまち」が広島県の魅力

  6. 高校生活での注意点