やりたい事をやるために自分から動く。 身に付けた積極性を武器に将来の夢を叶えたい!

日本工学院八王子専門学校

イメージ

授業のみならずプライベートでも積極的に動くようになった榎本さん。照明の勉強のため、ライブやイベントにもよく足を運び、日々努力を重ねている。

声優のライブビューイングに足を運ぶうちに照明に興味が湧いた榎本さんは、高3の夏に照明技術者になる事を決意した。照明技術について学べる学校を探し、見つけたのが日本工学院八王子専門学校。タイミング良く、同校を訪問する体験ツアーが実施される事を知り、参加を決めた。体験ツアーで同校の本格的な機材や設備に実際に触れ、さらに在校生たちが作り上げるライブステージを目の当たりにして「これが作れるなんて、凄い!」と衝撃を受け、進学を決意したという。この学校で過ごすうちに、榎本さんには大きな変化が起きた。それは、以前よりも積極的に動くようになったという事。意欲的な学生がたくさんいる中で、誰かに気づいてくれるのを待っているようでは、自分にいつ順番が巡ってくるかわからない。やりたい事のチャンスを掴むには、自分から動かないといけないのだ。沖縄の高校生に対し、「すでに自分の将来を決めているのなら、そのための資格取得の勉強を、高校生のうちから始めても早すぎる事はないと思う」とメッセージを送る彼女は、この春から就職活動をスタートさせ、目指す将来への第一歩をいよいよ踏み出そうとしている。

GO TO SCHOOL!! 2019夏 日本工学院八王子専門学校 榎本 はる菜さん

上京する榎本さんに友人達がくれた品々。シーサーは同じ部活で唯一同級生だった友人が、メッセージカードは高校時代の友人達6人が、そしてミニアルバムは中学からの友人がくれた。

オリオンビールのTシャツ

正月に帰省した際に母が買ってくれたオリオンビールのTシャツ。「『沖縄にしか売っていないでしょ!』と買ってくれました(笑)」

イメージ

榎本 はる菜 Haruna Enomoto
沖縄県立糸満高等学校出身。
日本工学院八王子専門学校 コンサート・イベント科2年。
来春の卒業に向け、就職活動を始めたばかり。
まずは照明技術者として一人前になり、独り立ちできるようになった時には、沖縄を拠点に仕事をしたいという夢を持っている。

Message From〜保護者からのメッセージ

学校もバイトも頑張っていて偉いけど、東京でしか体験できない事も経験して楽しんで欲しいです。

榎本 敬一郎さん・淳子さん(父・母)

小さい頃は男の子に混ざって遊びまわる感じの子で、小学校の頃はバスケット、中学からはお姉ちゃんの影響もあって卓球を始めて、高校でも続けたんですが女子卓球部が無くて男子に混ざって活動していました。進学に関しては、何をやりたいか悩んでいる時に参加した日工の体験ツアーでやりたい事を見つけたという事だったので応援する事にしました。離れて暮らすのは寂しいですが、沖縄から出した時点で県外で働くんだろうなと覚悟はしているので、場所はどこでもいいのでやりたい仕事に就ける様に頑張ってね。

関連記事

  1. イメージ

    未知の分野へチャレンジを恐れるな! ワクワクできる自分でいたら、全てが楽しい。

  2. イメージ

    第一線の知識や技術を学べる最高の環境で努力を続け、 ゲームクリエイターの夢を叶えたい!

  3. イメージ

    県外に出て、改めて気づいた地元の魅力。 もっとたくさんの人に沖縄の魅力を伝えるのが目標です。

  4. イメージ

    疑問点や悩みを気軽に話せる。 先生や先輩たちとの距離の近さが、この大学の魅力です!

  5. イメージ

    小さい頃からの夢だった映像制作の仕事。憧れを現実にするため、悔いのない選択をしたい!

  6. イメージ

    校内ガイダンスがきっかけで選んだ県外進学が大正解。二人で励ましあいながら、将来の目標に向かって大学生活をエンジョイ中!