沖縄を出て沖縄の良さがわかったように、日本を出たら どんな景色が広がるのか…今からワクワクしています。

城西大学・城西短期大学

自分のやりたい事ができる環境か確かめるため、事前にキャンパスを見学して進路を決める事をオススメします。

「誰も知らない土地で自分を試してみたい」という思いを抱いていた比嘉さんは、大学受験の中でも合格率が高いとされる“指定校推薦”を取る為、高校進学後は好成績をキープすべく勉強や資格取得に勤しんできた。そして指定校推薦の中に同校があると知り、夏休みに開催されるオープンキャンパスに参加。大学では一人暮らしする事を想定して、「入学前から自立する準備をしよう!」と飛行機の手配からホテルの予約、大学までの行き方など、その行程を自分でプランニングしてみたという。初めて同校を訪れた感想は、まるで海外の大学のような広いキャンパスと豊かな自然、おしゃれな雰囲気に、一瞬にして心が奪われたそう。また、先生や先輩からも話を聞き、「自分のやりたい事がここにある」と決意を固めた。入学当初は、沖縄の人のようにフレンドリーな人がおらず、「みんな静かでビックリした!」と話す比嘉さん。それでも、自分から声をかけると気さくで面白い人ばかりだったと言い、「内地の人には積極的に声をかけた方が早く仲良くなれます!」と、沖縄の高校生へアドバイスも。進学して良かった事を尋ねると、「色々な国の人とコミュニケーションが取れるので、日本にいながら他国の事が知れてとても興味深いです。沖縄から出て沖縄の良さを知れたように、次は日本を出て、世界中の人たちと触れ合い、その土地土地で日本の素晴らしさを発信できる人になりたいです」と、卒業後の夢も語ってくれた。大学に入り世界が広がったという比嘉さんは、さらなる高みを目指し世界へ羽ばたく為、授業では英語以外にもスペイン語と韓国語を専攻。それ以外にも、将来的な選択の幅を広げる為、ファイナンシャルプランナーとIT関連の資格取得を目指し、同校の特色でもある試験対策の講義を受講している。

GO TO SCHOOL!! 2020夏 城西大学 比嘉 悠雅くん

比嘉 悠雅 Yuga Higa
沖縄県立陽明高等学校出身、
城西大学 経済学部 経済学科3年。
洋楽が好きで、アメリカ人とバスケットをしながら少年時代を過ごした比嘉さんは、幼い頃から外国を身近に感じていた。「城西大学は留学生も多く、色々な国の人たちと交流ができるところに魅力を感じました」。

関連記事

  1. 急な進路変更を応援してくれた両親、 大学での学びを活かして恩返しがしたい。

  2. 明海大学

    沖縄特別奨学生制度を利用して授業料が半額に! スピーチコンテスト出場や留学を通して語学力が向上しました。

  3. 「この大学を選んで良かった。ここまで頑張って良かった」 積み重ねた努力の先にある喜びを教えられる教師になりたい!

  4. イメージ

    県外進学で変わった価値観は成長の証。 心が惹かれるものに正直に、自分のやりたいデザインを見つけたい。

  5. いつも応援し、成長できる機会を与えてくれた両親に感謝! 県外に出た事で“生きる力”が身に付きました。

  6. イメージ

    やりたい事をやるために自分から動く。 身に付けた積極性を武器に将来の夢を叶えたい!