県外に行くことを甘く考えないで!自分の意志と目標を持って大学を選んでほしい。

金城大学

イメージ

金城大学を受験する前に、沖縄の看護専門学校に合格していた城間さん。県内進学すると思っていた両親に「県外の大学に行きたい」と切り出すのは、覚悟が必要だったという。でも彼女は「金銭面での負担はなるべくかけないから」と両親を説得。そうして進学したのが、沖縄出身者が利用できる遠隔地特別奨学生制度がある金城大学。卒業後に提携病院で働けば返還を免除される、看護学部対象の奨学金制度があるのも決め手だった。「友達が行くからとかで進路を決めちゃうのはダメ。自分の将来の目標とか、そのために必要なことを考えて大学を選ばないと」と語る言葉には、彼女自身が悩み抜いた重みがある。一人暮らしを始めた今は、自立の大変さ、親のありがたさを感じる一方で、毎日が新しくて楽しくて仕方ない。「ゴーヤーやポークなどの沖縄の食材が手に入りにくいのが悩みかな。でも金沢で初めて食べた海鮮丼が美味しすぎてやばいんです! 落ち着いたら日本各地へ食べ歩きの旅に出てみたいな。あと海外研修にも行ってみたいですが、今はまずは勉強。早く病院実習に行って、看護師の仕事に触れたい!」。覚悟があるから勉強も一人暮らしも楽しめている城間さんだ。

GO TO SCHOOL!! 2019夏 金城大学 城間 乃愛さん

イメージ

今年、看護学科に入学した沖縄出身の学生は男女2名ずつの計4名。伊舎堂さん(那覇高校出身・左)と、看護学科生が多い手話サークルに入る予定。

イメージ

高校時代の友達とのプリクラつき定規を高校時代から今も変わらず持ち歩く。卒業旅行で皆で行ったディズニーリゾートでの写真も宝物。

イメージ

今年看護学科に入学した沖縄出身者4名。1学年上には8名の沖縄出身者が在籍。「先輩たちに大学のことを色々教えてもらいたいです」。

イメージ

城間 乃愛 Noa Shiroma
沖縄県立知念高等学校出身。金城大学看護学部看護学科1年。
昔から小さい子どもや高齢者と接するのが好きで、看護師だった叔母の働く姿に憧れこの道を選択。
小児科の看護師を目標に、授業内容をノートにまとめ直すなど、毎回の復習に余念がない。

Message From〜保護者からのメッセージ

進路に関して色々話していたし将来の夢も明確だったので、やりたい事ができる様に応援しようと思いました。

保護者

城間 初美さん(母)

人見知りせず誰とでもすぐ仲良くなる子で、近所の知らないお爺ちゃんお婆ちゃんにも可愛がられていました。小学校から始めたバスケットは高校卒業まで続けました。進学に関しては、県外に行きたいけど自立してやっていけるのか不安もあって悩んでいたみたいですが、沖縄に居てはいつまでも自立できないと思い県外進学している先輩に相談したりしながら大学を選んだようです。今では自炊の様子も送ってくるので成長を感じています。県外生活は大変だと思うけど夢実現に向けて楽しみながら頑張って欲しいです。

関連記事

  1. イメージ

    美作大学の沖縄県人会は、現在総勢98人! 頼れる仲間が多いから淋しくないさ〜。

  2. イメージ

    やりたい事をやるために自分から動く。 身に付けた積極性を武器に将来の夢を叶えたい!

  3. イメージ

    あんなちっこい島にいたら、ないちゃーに戸惑うのは当然! 開き直って、新しい発見や経験を楽しんじゃおう♪

  4. イメージ

    県外進学で視野と行動範囲が広がった! 建築の勉強に演劇に、充実の大学生活を送っています。

  5. イメージ

    第一線の知識や技術を学べる最高の環境で努力を続け、 ゲームクリエイターの夢を叶えたい!

  6. イメージ

    小さい頃からの夢だった映像制作の仕事。憧れを現実にするため、悔いのない選択をしたい!