お父さんが自分の家を建てたように将来、私も自分が住む家を自分で建てたい。

自分の夢に向かって勉強することの大変さと楽しさがわかった。今は休まずに毎日学校に通うほどになりました。

建築会社を経営するおじいちゃんとお父さんの影響を受け、幼い頃から建築現場を見る機会が多かった新垣真音さん。小学生の時の職場体験学習では両親が働く建築会社へ。そこで働くお父さんの姿を見て「かっこいい」と思った。高校生になり、将来の夢を考え始めた頃は建 築士の他にヘアーメイクアップアーティストやドッグトレーナーになる夢があったが、お父さんのかっこいい姿が忘れられず、建築士を目指すことに。そこでサイ・テク・カレッジ 那覇建築デザイン科へ進学。学生生活では専門的な難しい授業や製図課題に追われることも多いけど、丁寧に指導してくれる先生や、たくさんの友達のおかげで楽しい学生生活を満喫できている。2年生になるといよいよ就職活動を開始。インターンシップにも積極的に参加し、現場での仕事を経験し、改めて建築士になることへの気持ちが強くなった。「家業を引き継ぎたい気持ちもあるけど、今はいろんな職場で経験を積みたい」と前向きな気持ちだ。 今、暮らしている実家はお父さんが建てたもの。夢はお父さんと同じように、自分の家を自分で建てること。今はまだ恥ずかしくて感謝の気持ちは伝えてないけど、建築士になる夢のきっかけを与えてくれたのは間違いなくお父さ ん。初任給は、これまでの感謝の気持ちを伝えるため両親に何かプレゼントしたいと、家族思いで優しい一面も見せてくれた。

お父さんからもらった製図版はミリ単位のズレも無い優れもの。きっと一生の宝物になるはず。

新垣 真音/あらかき まのん
2000年生まれ。豊見城高等学校卒業。サイ・テク・カ レッジ那覇建築デザイン科2年。とても親切丁寧な先生と仲の良い友達に恵まれて、楽しい専門学校生活を 過ごしています。

Catch The Dream 2020.10

関連記事

  1. 過去の記事一覧

    過去記事|夢実現!Catch the Dream

  2. イメージ

    まだまだ技術の世界は男性社会。少しでも多くの女性を輩出できるよう、頑張っていきたい!

  3. 自分自身で考え、行動することが大事。 失敗しても、それは成果だ。

  4. イメージ

    学校に頼らず、結果はすべて自分の行動次第! これからもその言葉を忘れず、成長していきたい。

  5. イメージ

    [ワンランク上を目指す]専門学校からの大学編入

  6. 男性だから、女性だからという社会を変えたい。力が足りなければ、頭を使って補えばいい