【関東学院大学】美術部と横須賀市が連携。よこすか海岸通りストリートキャンバス完成式

2月8日(火)、本学美術部と横須賀市が連携した「ストリートキャンバス事業」の完成式が横須賀市のよこすか海岸通りで行われました。
この事業は、「よこすか海岸通りに点在する複数の老朽化したモニュメントを、ウォールアートとして甦らせ美観向上を図りたい」という横須賀市の意向を受けた本学社会連携センターが美術部に制作を依頼して実現しました。
活動は昨年から行われ、部員たちは現地へ赴き、実際のモニュメントのサイズ等を確認しながら制作に着手しました。手掛けたのは平成埠頭前交差点付近のモニュメント4壁で、両面8作品のウォールアートです。2作品は実際にペンキを塗りながら描き、6作品はフィルム加工したものをモニュメントに貼り付けました。コロナ禍の影響で計画通りに制作は進行できませんでしたが、10月に下絵が決定し、今年の1月末にようやく完成しました。

イメージ
イメージ

そして迎えたストリートキャンバス完成式。美術部に所属する6人が集まり、式では横須賀市の職員が司会を務め、横須賀市経営企画部長の開会の挨拶でスタートしました。挨拶の後、制作者の部員の一人がウォールアートにサインを入れ、記念撮影を行いました。
副部長の栄養学部3年生石川柚乃さんは、「少ない部員で活動していますが、このような横須賀市の大きな取り組みに携われて部員一同嬉しく思っています。実際に散歩道を歩くと、自分たちの描いた絵がそこにあって充実した気持ちになりました。思うように進まず色々と大変な事もありましたが、すごく楽しい経験になりました」と完成した喜びについて語りました。
この完成式の日に、ウォールアートを見ていた地域住民の方からも「今までは寂しい風景であまり活気が感じられませんでしたが、このモニュメントに鮮やかな絵が描かれてからは街が明るくなった気がします。毎日の散歩道なので歩くのが楽しくなりました」と取り組みの効果を感じる声をいただきました。

イメージ
イメージ
イメージ

今後も関東学院大学では、社会課題の解決に向け地域との連携を推進していきます。

関連記事

  1. イメージ

    【福岡大学】第18回(令和4年度)「全国高校生川柳コンクール」6月1日から作品受付開始しています。

  2. 【芝浦工業大学】2022年度から100人超の女子入学者へ入学金相当の奨学金を給付、理工系女性技術者の育成を目指す

  3. 【城西大学】JOSAIスポーツようかん完成!

  4. 【四国大学】第2回 富士正晴全国高校生文学賞について

  5. 【奨学金】各大学独自の奨学金

  6. イメージ

    【東京家政学院大学】令和4年度第15回企画展「学生成果展」及び「教員研究成果展」開催