「今年が勝負の年!」 プロダンサーになるため努力する日々

日本工学院専門学校

「この夏は念願の海外研修に行けそうなので楽しみです」。

高校卒業後は、海外でのダンス留学を希望していた下地さんだったが、コロナ禍で叶わず、まずは国内でダンスを学ぶことを決意。高校3年の冬に日本工学院専門学校のオープンキャンパスに参加し、多ジャンルのダンスを学べることと海外研修のチャンスがあることを決め手に同校へ入学する。授業では、SNSでも人気の現役プロダンサー講師陣から直にダンスを教われるほか、音楽史、英語、ビジネスマナーといった座学も興味深く、集中して臨んでいると話す。これまでHIPHOPをメインに踊ってきた下地さんにとって、さまざまなジャンルのダンスを学べたことは大きな刺激となっているようだ。卒業後はインストラクターやバックダンサー、MV、コレオグラファー(振付師)といった1つのジャンルに絞るのではなく、「何でも踊れるダンサーになりたい」と将来の展望を明かす。それには、今年一年の頑張りが大きく左右すると考えている下地さん。卒業までにどれだけ経験を積み、人脈を作り、チャンスを掴むことができるか……まさに『今年が勝負の年』と意気込む。「私のやりたいことを優先させてくれて、応援してくれる家族のためにも頑張りたいです」と感謝を口にした。

GO TO SCHOOL!! 2023 日本工学院専門学校  下地 萌枝さん

家族ぐるみで付き合いのある友人親子から、上京時に送られたカードと手紙。帰省時には、みんなで集まりバーベキューをするなど楽しい時間を過ごす。

お母さんが誕生日にくれたお財布。中には妹が作ってくれたフェルトのお守りをいつも入れている。

下地 萌枝
Moe Shimoji
興南高等学校出身。日本工学院専門学校 ダンスパフォーマンス科2年。2歳からクラシックバレエを習い、小学1年生からHIPHOPに転向。現在は学内でのトライアウトオーディションに向け猛練習中で、放課後もダンススタジオに通っている。

関連記事

  1. イメージ

    おばあちゃんとの約束を果たすためにも、管理栄養士の国家試験に向けて追い込み中!

  2. 自分がしたいことに全力で! 今しかできないことをたくさん経験したい。

  3. イメージ

    積極性が高まりリーダーシップを発揮! 新規プロジェクトの成功で自信が付きました

  4. イメージ

    コロナ禍でも心配無用! 楽しいキャンパスライフを送っています。

  5. イメージ

    未知の分野へチャレンジを恐れるな! ワクワクできる自分でいたら、全てが楽しい。

  6. 沖縄のテニスのレベルをあげるため、 指導力を身につけて帰りたい。