沖縄のテニスのレベルをあげるため、 指導力を身につけて帰りたい。

福山平成大学

釣りが趣味だという與那嶺さん。帰省時、兄や友人と釣りに行くことが楽しみのひとつだという。

父は小中学校でテニスの外部コーチを務め、兄弟4人全員がプレーヤーというテニス一家に育った與那嶺さん。高校生の時に出場したインターハイで福山平成大学のテニス部の監督に声をかけて頂いたこと、そして與那嶺さんの兄も福山平成大学に通っていたため、大学の雰囲気や部活動の環境などを兄から聞くことができたのが入学の大きな決め手になったという。入学後は週に6日間の部活、大会前には自主練にも取り組むなど、テニス漬けの日々を送っている。県外での生活には慣れてきたものの、冬の寒さにはなかなか慣れないと笑顔で話してくれた。「部活はもちろん、授業やアルバイトなどの時間調整に加えて、家事などすべて一人でこなさないといけないので、自立できたなとは感じています」。 現在は高校教諭を目指し、教員採用試験に向けて過去問に取り組むなど、対策に力を入れている與那嶺さん。8月には教育実習が開始予定とのことで忙しい毎日を送っている。卒業後は沖縄に帰り、高校でテニスの指導に携わりたいという。「高校でテニスを教えてくれた恩師のためにも、沖縄のテニスのレベルをあげたいと思っています」。

GO TO SCHOOL!! 2021 夏 福山平成大学 與那嶺 晃大さん

高校2年生の頃から使っている筆箱と青いシャープペンシル。筆箱は高校生の頃に友人から譲り受けたものだという。

與那嶺 晃大 Kouta Yonamine
沖縄県立那覇西高等学校出身。
福山平成大学福祉健康学部健康スポーツ科学科4年。
「兄が福山平成大学に通っていたのが、入学の大きな決め手でした」と語る與那嶺さん。大学2年生までは兄弟で一緒に暮らしていたそう。

関連記事

  1. 夢を仕事にするための努力は欠かせない。学生生活を楽しみつつ、応援してくれる家族のためにも頑張ります!

  2. イメージ

    興味があることに向き合っているうちに 自分のしたいことがどんどん見えてきた。

  3. 迷わず決めた県外進学が、成長をもたらしてくれた。 先入観は捨てて、新しい場所に飛び込んでみて!

  4. イメージ

    島嶼部入学者奨学金制度を利用 教員を志し、自立するために選んだ県外進学

  5. イメージ

    県外進学で視野と行動範囲が広がった! 建築の勉強に演劇に、充実の大学生活を送っています。

  6. イメージ

    やりたい事をやるために自分から動く。 身に付けた積極性を武器に将来の夢を叶えたい!