「女子ラグビー選手」上運天 あかり

誰も成したことのない新しい物事に挑戦し続ける私でありたい
私の人生は、いつも二択。
「楽しい」か「楽しくない」か。
楽しいから続けられるし、楽しいだけで頑張れる。

Interview

現在、7人制女子ラグビーチーム 『東京山九フェニックス』に所属し、ラグビー選手として活躍中の上運天あかりさん。学生時代、何種類ものスポーツに触れていく中で出会ったラグビーが、彼女の人生を大きく変えた。「楽しいから続けられるし、楽しいだけで頑張れる」そう語る笑顔の裏に秘められたラグビーへの熱く、真っ直ぐな思いは、さまざまな試練を乗り越えたからこそ輝いている。現役選手ながら、後輩の育成も担う上運天さんの素顔と、現在の思いに迫った。

数々のスポーツに触れた、学生時代

― タグラグビーとの出会い
小学校3年生で沖縄県に移住して、空手と陸上を始めました。空手は県大会3位に、中学生の頃は、短・長距離走の県大会で表彰台に上がったこともありました。学校ではバスケットボール部に入部したのですが、ある時、先生から「タグラグビーやってみないか?」と声を掛けられたので、「面白そうだしやってみるか!」と、まるで鬼ごっこに誘われたくらいの軽いノリで、親しい友人を集めて始めてみることにしました。

― 敗北が進路を決めるきかっけに
中学3年生の時に出場したタグラグビーの大会で、石川高校に敗れました。それがとても悔しくて……。だから、自分も石川高校に入学して、もっと強くなりたいと思ったことがきっかけで進路を決めました。けれど、入学してみたら、ソフトボール部にも入りたくなっちゃって(笑)。高校では、タグラグビー部とソフトボール部を掛け持ちして活動することにしました。ただ、タグラグビーの方が県大会3連覇、九州大会3連覇、個人としてもMVPを毎年頂き成績も良かったので、メインになっていたかもしれません。

突然訪れた、ラグビーとの出会い

― 大学進学。勘違いから巡り会ったラグビー
小中高とあらゆるスポーツを経験でき、漠然と「将来は体育教師になりたい」と思ったことがきっかけで、名桜大学に北部推薦枠で入学しました。この時点では、まだラグビーにはまったく興味はなくて(笑)。アルバイトをしながら一人暮らしをして、大学に通っていました。そんなある時、高校のタグラグビー部の監督から連絡があり、「セレクションがあるから福岡に行くぞ!」と誘われました。てっきり私は、タグラグビーのセレクションだと思い先生について行ったのですが、参加してみたら、それはラグビーのセレクションだったのです。

― 初めてのタックルに爽快!
ラグビー転向を決意
ラグビーとタグラグビーの大きな違いは、接触プレーがあるか、ないかです。それまでタグラグビーしか経験したことのなかった私は、ラグビーのセレクションに参加した時に、初めてタックルをしました。それがすごい快感で。「こんなに激しくぶつかり合ってもいい競技があるんだ!」と一瞬にしてラグビーの虜になりました。それから定期的に福岡に通い、ラグビー女子を対象とする九州地区の練習会に参加させてもらうように。同時に、大学の男子ラグビー部にも女子部員第1号として入部させてもらいました。

他のスポーツとは異なる、ラグビーの魅力

― ラグビーの魅力は
"仲間との絆"と"ノーサイド精神"
大学1、2年生の頃は、ラグビーがただただ楽しくて。けれど3年、4年になるにつれてどんどんハマっていき、ラグビーの奥深さに魅力を感じていきました。それまで色々なスポーツを経験しましたが、ラグビーほど「仲間との絆」が感じられるスポーツはありません。ラグビーでは試合終了のことを「ノーサイド」と呼ぶんですが、これは試合が終われば敵・味方、勝った・負けたといったサイドの違いはなく、お互いに激しく戦いあったことを称え合おうという精神の現れを意味し、私たちは「ノーサイド精神」と呼んでいます。ラグビーって、とてもしんどいスポーツなんです。そうした思いを共感し、相手のことを思ったプレーをし合えるって本当に気持ちがいいんです。私の性格も、ラグビーが作ってくれたと言っても過言ではありません。

沖縄出身者初!大学4年生で日本代表入り

― ラグビー日本代表に召集
大学4年生の時に、ラグビー15人制女子日本代表に選出されました。周囲は”沖縄出身者初の快挙”など言ってくださったのですが、私、昔から何かとラッキーガールで(笑)、いつもツイてるんです。女子ラグビーワールドカップ2017の時も、バックアップメンバーとして日本代表に呼んでいただけたんですが、結果的にメンバー入りし、出場させてもらいました。本当にタイミングが良く、幸運に恵まれているんです。

ラグビーが盛んな関東へ!社会人になり目覚めたプロ意識

― ついにプロの女子ラグビー選手に
大学卒業後は、「ラグビーで絶対に関東に出る」と決めていました。母からも「ラグビーを続けるならレベルが高くて盛んな関東に行きなさい」と言われていたのですが、その通りになりました。(笑)。とにかく関東でラグビーをしたいという気持ちだけで上京し、2015年に7人制女子ラグビーチーム「Rugirl-7」に入りました。その際に、東京手土産菓子「東京カンパネラ」を販売する株式会社アイルに、雇用支援で練習のない時間に働かせていただくという機会を得ることができました。東京駅の大丸でお菓子を販売することは、はじめは戸惑いましたが、すばらしい経験の場となりました。その時の同僚や、先輩、販売をしていたデパートの社員の方が、今でも試合を応援に来て下さるほど、仲良くしていただいています。社会人になり、プロとしての自覚が芽生えたのもちょうどこの頃で、コンディションを整えるという意味でも自炊を増やし、外食を控えるようになりました。

― 太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2016東京大会でMVP獲得
もう一つ、社会人になって視野に入れていたのが、ラグビー強豪国・ニュージーランドへの留学でした。ラグビーの本場と言われるニュージーランドのチームで、自分はどのくらい通用するのか。最強と言われるその秘密を探りたいと思っていたんです。「行くなら今しかない!」そう思い立ち、職場の環境もとても良く、悩みましたが、2016年に会社に意思を伝え留学することを決めました 。

▲出勤時のOLスタイルから一転、東京山九フェニックスでの練習風景で見せる真剣な眼差しと弾ける笑顔を見せる上運天さん。

2度のニュージーランド留学と初めての挫折

― ニュージーランド留学で感じた言葉の壁
1度目の留学は、2016年に半年間、ニュージーランドのオークランドのチームに所属しました。言葉がまったく通じない状況だったので、練習中理解できなかったことを、練習後に翻訳アプリを利用して、どんな指示をもらっていたのか監督にメールを送り、返事が来たらまた翻訳アプリで読み取るといったことを毎日のように繰り返していました。今思うと、100%理解しなければならないのに、30%くらいしか聞き取れず、大事なことを吸収できていなかったのかもしれません。それでも州代表に選んでいただき、予選大会を突破。けれど、全国大会にあたる本戦メンバーの選考に落ちてしまい、当初の目的だった本戦出場は叶いませんでした。正直、予選レベルであれば通用するという手応えはありましたが、本戦は驚くほどレベルが高く、「今のままじゃいけない」と 思い知らされるという経験の場となりました。

― 結婚。そして新天地、山口での苦悩
帰国後の2018年4月から山口県長門市を本拠地とする女子ラグビーチーム、「ながとブルーエンジェルス」に入りました。同じ頃、大学時代から交際していた主人と結婚したのですが、新婚早々、単身赴任という形に。しかも、山口県では新チームの体制になかなか順応できず、一人暮らしが余計に寂しく感じてしまいうまくマインドコントロールができず悩んでいました。プロ契約で、待遇も良くしてくださったのですが、基本的に自由なスタイルを好んでしまうので、決まり事が多く、外国人選手、コーチの求めるプレーを理解することが難しくなってしまいました。

― ラグビー人生で訪れた、初めての挫折
プロとしてプレーしていくので、楽しいだけでは前に進めません。もう次のステップに入っていることも理解しています。私の持ち味はアジリティ(動きや判断の敏捷性)で、プレースタイルも直感に頼る方なので、考えるとどうしてもパフォーマンスが落ちてしまうんです。それまで理解ある先輩方のお陰で「好きなように動いていいよ」と言われていたので、決まり事の多い中でプレーするスタイルは向いていないのだとわかりました。その中で自分の良さをどうやって出していけば良いかを考えなくてはなりません。年齢的にも体力が落ち、身体的な衰えを実感し始めた時期で、ますます「ラグビーをしなければならない」という義務感に駆られ、「楽しい」から続けてこれたし、「楽しい」から向上心が芽生えるタイプなので、残念ながらチームに貢献できなかったです。

― 「しなければならない」ではなく、
「楽しい」からラグビーをする
2度目のニュージーランド留学に2ヶ月間行きました。前回留学時とは出場規定が変わり、練習はできましたが大会には残念ながら出られませんでした。帰国後、チームと合流しましたが、退団の道を選ぶこととなりました。そして 2019年4月から、東京山九フェニックスにご縁をいただき移籍しました。

チーム最年長の役割。この子たちを優勝させたい!

― 最年長としての役割とマネジメント
東京山九フェニックスは、年齢の若い選手の多いチームです。これまで私の中で、“ラグビー愛”はあっても、“チーム愛”が芽生えたことはな かったのですが、東京山九フェニックスに出会って色々と気づきがありました。チーム愛に溢れていているチームなのです。最年長なので、若い選手たちをどう引っ張っていくかが私の課題です。試合では自分がリードして活躍できる時代ではないので、かつて諸先輩方が自由奔放な私をサポートしてくださっていたのと同じように、私もチームの選手に自由にのびのびと思うようにプレーしてもらえるようなチームづくりができたらいいなと思っています。現役の選手でもありますが、チームマネジメントが、想像以上に楽しくて勉強していきたいです。チームに入ってまだ数ヵ月ですが、みんなを盛り上げて、でしゃばっていたタグラグビーをはじめた時の感覚にすごくよく似ているんですよね。本当に毎日が楽しいです。

現在の目標とその先…

― 今は思い切りラグビーを楽しむ!
今は東京山九フェニックスで優勝することが、一番の目標です。引退については、パフォーマンスが落ちて、自分が納得するプレーができなかったら引退を考えると思います。今シーズンは、この環境で東京山九フェニックスのチームとラグビーを存分に楽しみたいです。

― 今後の目標はアメリカ留学
最先端のトレーニングを学びにアメリカへ留学してみたいです。特に、アメリカンフットボール選手が行うアジリティトレーニングや、パワー系のトレーニングに興味があるので、機会があればアメリカンフットボールや、色々なスポーツにも触れて学んでみたいです。
― 沖縄でラグビーの楽しさを伝えたい!
あとは、ラグビーの楽しさを伝えたいなと思います。沖縄ではタグラグビーが人気で、小学生でもやっている子がたくさんいるのに、その受け皿(チーム)がないんですよね。やりたくても、大人のチームに入らなければいけなかったり。だから、タグラグビーを続けられる環境を整えてあげたいなって思います。ラグビーも同じで、当時から練習できる場所が少なかったので、学生時代は深夜バイトが終わる2時くらいからチームメイトと集まって、真っ暗な中で練習したこともありました。自主練では、運動場に生えている長い草をディフェンスに見立てたりして。はたから見たら、異様な光景ですね(笑)。沖縄ではラグビーに触れられる機会が少ないので、そうした環境作りに携われたらとも考えています。私は人がやったことのない、新しい物事に挑戦するのが好きなので、これからもそういう気持ちを持ち続けたいです。

心はいつもシンプルに。
「楽しい」の延長線上に夢は見つかる!

― 人生における決断は、常に2択
10代、20代はラグビーしかやってこなかったので、周りの子たちが遊んでいた遊びを全く経験できませんでした。だから、引退したら旅行に行ったり、友達と遊んだり、これまでできなかったことに取り組みたいです。有り難いことに、主人も「こんなに頑張ってきたんだから、引退したらやりたいことをしなさい」と身内なので優しい言葉をかけくれます。いつも、「楽しいか、楽しくないか」で物事を考えはじめます。だから、楽しいと感じたことから取り組んできたし、単純ではありますが楽しいだけで頑張れるタイプなので、そこには何のストレスも感じませんでした。

― 沖縄の高校生へのメッセージ
はじめはノリでもいいと思うんです。きっかけは何であれ、取り組んでみて、もし、それが楽しかったら続ければいい。迷った時は、楽しいか、楽しくないかで決めてもいいんじゃないかな。私は難しく考えるとドツボにハマるので、「楽しい」という直感で人生を切り開いてきました。だから、楽しいことの延長線上に、夢は見つかると信じています。 ぜひみなさんも難しく考えず、もっとシンプルに、自分の心の赴くまま、その一歩を踏み出してみてください。

夢実現インタビュー 上運天あかり(女子ラグビー選手・東京山九フェニックス 所属)

Profile

上運天 あかり/女子ラグビー選手
1992年岐阜県生まれ。9歳で恩納村に移住。小学生の時に空手で県大会3位に、中学では陸上・中距離走にて県大会2位入賞。石川高校時代はタグラグビーの県大会・九州大会ともに3連覇を達成し、個人でもMVP3冠を獲得。名桜大学に進学してから本格的にラグビーを始め、女子15人制ラグビー日本代表に選ばれる。社会人になっても活躍は続き、本場ニュージーランドへ2度の海外留学を経て、現在は7人制女子ラグビーチーム 『東京山九フェニックス』に所属する。

information

今回取材をした上運天あかり選手が所属する「東京山九フェニックス・ ラグビークラブ」は、東京で活動している女子ラグビーチームです。
社会人、大学生、外国人選手と背景が様々なラグビー大好き女子が集まって、世界一のラグビーチームを目指して頑張っています。
応援よろしくお願いいたします。
▼公式サイト
http://www.rc-phoenix.com/
▼公式facebook
https://www.facebook.com/tokyophoenixrc/
▼公式Instagram
https://www.instagram.com/tokyo_phoenixrc/

GO TO SCHOOL 2019.7

関連記事

  1. イラストレーター/アーティスト pokke104 池城由紀乃

    「イラストレーター/アーティスト」pokke104 池城由紀乃

  2. 山内 盛久(琉球ゴールデンキングス)

    山内 盛久(琉球ゴールデンキングス)

  3. 靴磨き職人 仲程 秀之

    靴磨き職人 仲程 秀之

  4. お笑い芸人 じゅん選手

    お笑い芸人 じゅん選手(大城 純)

  5. 靴職人 宮城 健吾

    「靴職人」宮城 健吾

  6. イメージ

    「俳優・タレント・殺陣講師」嘉人