決勝戦で感じたライバルとの差。攻撃スピード、プレーの精度を磨き沖縄県3冠を目指す。

沖縄の高校力 Dream INTERVIEW
美里高等学校 女子サッカー部

サッカー部

どんな流れが来ても「絶対勝てる!」その強い気持ちを忘れることなく戦った決勝戦。

強い気持ちを忘れなかったことが最大の勝因

沖縄県女子サッカー夏季選手権大会優勝(2連覇)、沖縄県高校女子サッカー選手権大会優勝(2連覇)など華々しい成績を残している美里高等学校女子サッカー部。今年の9月に行われた沖縄県高校女子サッカー選手権大会の決勝戦では劇的な延長戦の末に見事優勝し、大会2連覇を果たした。先制点を取り、有利な試合運びの中、後半ロスタイムにまさかの失点。ペースは完全に相手チームに握られ、苦しい流れ。相手チームの応援のボルテージも最高潮。そんな中でも強い気持ちを絶やさず「負ける気はしなかった」と語る新チームキャプテンの宮城璃央さんと副キャプテンの仲原瞳空さん。両チーム選手の足がつりはじめた延長戦後半、まさに終了間際の出来事だった。シュートした瞬間に「入った!」と感じたと語る宮城璃央さんのミドルシュートは見事ゴールネットを揺らした。「今でもその時の感動は忘れることができない」と語る宮城璃央さんは、優勝したことに満足せず、対戦相手との攻撃スピードやプレー精度の差を振り返り、「絶対勝てる!」という強い気持ちを持ち続ける強い精神力で、次の目標を見据え練習に励んでいる。

次の目標は新チームの沖縄県3冠が目標

3年生が引退した新チームはとても仲が良い。緊張をほぐすために、試合会場への移動中もAKB48やHYなどの音楽を流し、まるでライブ会場のような楽しい雰囲気で盛り上がる。しかし会場に到着すると気を引き締め、サッカーのことに集中する。そうしたONとOFFの切り替えをしっかり作り出している。「先輩や後輩の上下関係を無くし、どんな些細なことでも言い合うことができ、強い気持ちで結果にこだわるチームになっていきたい」と語るキャプテンの宮城璃央さん。新チームから生まれた新しい円陣の掛け声「意識が変われば行動変わる、行動変われば習慣変わる、習慣変われば人格変わる、人格変われば運命変わる!」もみんなで意見を出し合い考えたもの。そこにはしっかり内面的な「精神力を強くし、人格も成長したい」という気持ちが込められている。次の目標は「新人戦、インターハイ、選手権の3冠」が目標。そのために理想のチームを作りあげ、素早く成長を遂げ、目標をつかみ取りたいという強い意気込みを感じることができた。

円陣

このチームになって、みんなで意見を出し合い考えた円陣の掛け声から、日々の練習が始まる。

大切なライバル

小学校からの別々のチームでサッカーをしていたふたり。お互いの存在を意識し合う大切なライバル。

沖縄の高校力2020 美里高校 女子サッカー部

仲原 瞳空 
miku nakahara
普通科2年生。副キャプテン。
代役でついたゴールキーパーのポジション、そこで素質が開花。
今ではゴールキーパーとしてチーム全体を一番後ろから見守る守護神に成長した。

宮城 璃央 
rio miyagi
普通科2年生。新チームのキャプテン。
美里高校でサッカーをするため中学時代のライバルに声をかけて集めたメンバーで、まずは新人戦優勝を目指す。

【実績】
◎ 令和元年度 沖縄県高等学校
  総合体育大会サッカー競技(女子)
  ベスト4(6月)
◎ JAおきなわ杯争奪2019
  OFA第29回沖縄県女子サッカー
  夏季選手権大会 優勝(2連覇)(9月)
◎ 2019琉球ダイハツカップ 第30回
  沖縄県高等学校女子サッカー
  選手権大会 優勝(2連覇)(9月)
◎ KYFA 第37回九州女子サッカー
  選手権大会
  (高校、大学、クラブチーム等)
  1回戦敗退(福岡県)(10月)
◎ 第30回 九州高等学校
  女子サッカー選手権大会 兼 第28回
  全日本高等学校女子サッカー
  選手権大会九州大会(高校のみ)
  準々決勝敗退(鹿児島県)(11月) 

※学年や実績など、内容は全て取材当時のものです。

関連記事

  1. 沖縄水産高等学校 海洋生物系列

    先輩から引き継いだ「フルーツ魚」、 商品化を目指して頑張りたい!

  2. 過去の記事一覧

    過去記事|沖縄の高校力

  3. イメージ

    目指すはU18日本代表 そして、夢は琉球ゴールデンキングス!

  4. 沖縄の高校力ドリームインタビュー

    おじいちゃんのために朝ごはんを作ったら、「美味しい!」って元気になって。 それを見たおばあちゃんがもっと元気になって(笑)

  5. イメージ

    記録が目に見え、がんばりが反映される。それが重量挙げの魅力