心理学を活かす仕事

学ぶ専門性も活躍の場も多岐に渡る心理学

心理学を活かす仕事とは?

ひと口に心理学と言っても、学校心理学や犯罪心理学、スポーツ心理学、臨床心理学など、学ぶ専門性によって多岐に渡っています。基本的に人の心と行動を研究し、社会や産業などに生かすことを目的としているので、活躍の場も多岐に渡ります。カウンセラーや分析官として直接的な役割もあれば心理学を生かして商品開発や広告戦略を練るなど、企業の中で生かすこともできます。

心理学の資格

2017年度施行「公認心理師」が成立し、心理職において、国内で初めてとなる国家資格として誕生。また、求められる専門性や資格取得の難易度はさまざまで、博士号(大学院卒)に限られる「臨床心理士」、学士号(大学卒)以上に限られる「学校心理士」「認定心理士」、準学士(短大卒)や専門士(専門学校卒)以上が取得可能な「臨床発達心理士」から、数日間で取得可能な資格まで存在しています。

公認心理師・・・・公認心理師試験合格者
臨床心理士・・・・臨床心理学系博士号(大学院卒)取得者、または医師免許取得者
学校心理士・・・・学校心理学系学士号(大学卒)取得者
認定心理士・・・・心理学系学士号(大学卒)取得者
臨床発達心理士・・発達心理学系学士号(大学卒)、準学士(短大卒)、専門士(専門学校卒)取得者

心理学を生かした職業

心理学を生かした職業としては主に下記のものがあるが、資格名と混同されやすいので分けて認識しておく必要があります。

スクールカウンセラー
教育機関における心理職の専門家。文科省の任用規定としては、臨床心理士または精神科医などと定められている。

学校カウンセラー
スクールカウンセラーの俗称

スクールアドバイザー
スクールカウンセラーと同じく教育機関における専門職であるが、文科省主導のスクールカウンセラーに対して、
地方自治体や教育委員会主導となっている。スクールカウンセラーと同じく、臨床心理士、精神科医などの高度な資格が要件。

産業カウンセラー
主に会社員の心の健康を保つことを目的としたカウンセラー業務になります。産業カウンセラーは非常勤での契約になる事が多く、
いくつかの企業をかけもちするといったケースもよく見られます。2015年から、従業員が50人以上の会社では
ストレスチェックが義務付けられましたので、産業カウンセラーの需要は高まりつつあります。

企業内カウンセラー
産業・労働分野においてカウンセリングに従事する専門職。企業の人材育成や精神的支援を主な業務とし、臨床心理士などの有資格者が多い。

心理療法士
医療機関などにおいて心理療法を行う専門職。心理セラピストともいう。臨床心理士などの有資格者が多い。

心理カウンセラー
心理カウンセリングを行う人の総称で、あらゆる場面で用いられる職業名であるため、有資格者だけでなく無資格者も混在している。

心理相談員
「心理相談専門研修」を受講する。学歴不問。しかし事前に他資格を取得する。または資格によっては実務経験が必要になる。

Topics

近年、児童虐待や青少年の不登校・自殺の増加、トランスジェンダーや、経済的救済を必要とする人々の増加により、心理カウンセリングの相談件数は年々増えています。
その重要性の高まりに反して、雇用形態が非常勤であることが多く、就業形態の不安定さが問題視されています。
2009年に設立された臨床心理士の労働組合「公認心理師ユニオン」(2019年に「臨床心理ユニオン」から「公認心理師ユニオン」へ名称変更)では、
臨床心理士の処遇改善を求める活動を続けており、国家資格化の活動とともに整備が進められています。(2020/10/13)

関連記事

  1. 宝塚医療大学

  2. 福岡女学院看護大学

  3. 室蘭工業大学

  4. 筑波技術大学

  5. 熊本県立大学

  6. 愛国学園短期大学