感動を形にするやりがいのある仕事

映像・メディアの仕事とは?

映像・メディアの仕事とは、主に放送、映画などの業界に関わる仕事を指しています。この業界で働く業種としては、映像カメラマンや照明オペレーター、映像編集スタッフなどの現場の仕事と、それを支える美術や企画・演出する側の放送作家や映画監督、さらに、出演者となるキャスターやアナウンサーなどまで多くの人が関わっています。ここでは出演者を除く、企画・制作の仕事を取り上げていきます。

映像・メディアに関わる業種

|映画監督|脚本家|放送・映像作家|シナリオライター|構成作家|番組プロデューサー|テレビディレクター|アシスタントディレクター|制作デスク|テクニカルディレクター|カメラマン|映像編集スタッフ|MAミキサー|録音技師|照明オペレーター|ライティングデザイナー|美術スタッフ(大道具・小道具)|装置デザイナー|特殊メイクアーティスト|

映像・メディアの仕事に就くには?

放送・映画の業界の就職先は、放送局や映像制作会社、CM制作会社、舞台・イベント・照明会社、映画制作会社などがあります。放送局には制作部署がありますが、映画会社には制作部署があることは少なく、映画会社とは映画の権利管理や映画の配給する場合がほとんどです。映画会社や放送局の事務職や営業職などは、特に技術を要しませんので技術系学校の出身である必要はありませんが、技術職や制作会社などに就職する場合は、専門的な知識と技術を学んでいる方が有利となります。放送作家や脚本家、シナリオライターの場合は、芸術系大学や文系大学出身の場合も多く、必ずしも専門の教育を受けていないこともあります。

関連記事

  1. 東海学園大学

  2. 沖縄ブライダル&ホテル観光専門学校

  3. 名城大学

  4. 昭和大学

  5. 明治薬科大学

  6. 日本工学院専門学校