【千葉商科大学 人間社会学部】学生たちが地域を応援! 社会にエールを! 塩害から生まれたネギを使用したオリジナルビールを開発

人間社会学部の勅使河原隆行教授ゼミナールは、商品開発を通じて地域活性化に貢献したいとの思いから、オリジナルクラフトビール第2弾「ネギラエール」を開発しました。

「ネギラエール」は山武市にある「道の駅 オライはすぬま」と共同で開発しました。ビールの原料に千葉県山武市の「海水ねぎ」を使用。海水ねぎは、2002年に発生した台風による塩害をきっかけに誕生しました。海水を葉にかけて栽培し、通常のネギよりも太く、甘みのあるのが特長です。

商品のコンセプトは「ネギ×ビールでエールを!」。これからの時代を生きる全ての人たちを"ネギ"らうとともに、"エール"を送るという意味を込めて「ネギラエール」と名付けました。また、ネギの花言葉には「くじけない心」という言葉があり、「この商品と共にどんな困難も乗り越えていこう」という思いを込めました。

ほのかなネギの香りを感じつつも、すっきりとしたクリアな味のビールです。グラム単位でネギの量を調整し、度重なる試作を経て完成しました。

  1. 商品開発に関わった学生は全員20歳以上です。
  2. 発売は3月上旬を予定しています。
  3. 3月5日~6日に販売イベントの実施を予定しています。
イメージ
イメージ

関連記事

  1. イメージ

    【福山大学 生物工学科】バイオ企業の最前線で活躍する先輩の講義

  2. イメージ

    [2022]日本工学院 学校説明会 in 沖縄

  3. イメージ

    【参加校一覧追加!】沖縄県の高校生のための初夏のシンガク情報フェスタ2022

  4. 地元再発見コンテスト

    【千葉商科大学 商経学部】<高校生対象>2021年度地元再発見コンテストのご案内

  5. 【鎌倉女子大学】「第10回お弁当甲子園」の受賞作品が決定しました。

  6. イメージ

    【吉備国際大学】学生たちが高梁市内で「募食活動」を実施