【日本工学院】ゲームクリエイター科の学生作品が、Google主催のゲームコンテストでトップ20に選出

日本工学院

⽇本⼯学院ゲームクリエイター科の学⽣作品『モノハコビのプロ』が、Google主催のインディーゲームコンテスト「Google Play Indie Games Festival 2021」トップ20作品に選出されました。

「Google Play Indie Games Festival (https://events.withgoogle.com/indie-games-festival-2021-japan/)」は、インディーゲームを対象としたGoogleの主催のコンテストで、個⼈、グループ、団体問わず参加でき、Googleおよびゲーム業界の第⼀線で活躍するクリエイターらが審査を⾏います。

来たる9⽉4⽇(⼟)にオンラインで開催される「ファイナルイベント」において、プレゼンテーションや質疑などをもとに、各賞の審査・発表が⾏われます。

『モノハコビのプロ』は、トラックの荷台に積んだ荷物を落とさないようにゴールまで運ぶシンプルなスマートフォン用のハイパーカジュアルゲームで、2021年2⽉、iOSおよびAndroid対応端末向けにリリースされました。実際のゲーム会社に近いゲーム開発の「学習」とゲームビジネスの「実践」を統合したゲームクリエイター科の授業科⽬を通じて制作され、ゲーム開発だけでなく販促宣伝活動なども学⽣がマーケティング会社などと連携して⼿がけています。同作品はリリース以来累計3,000ダウンロードを記録しています。
【iOS】https://apps.apple.com/jp/app/モノハコビのプロ/id1553850314
【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.CGO.Monohakobi

関連記事

  1. 【徳島文理大学】栄養バランスの良い朝食を提供「100円朝食」

  2. イメージ

    【大阪国際大学】パナソニックミュージアムでの経営理念リサーチを実施。松下幸之助の言葉を学ぶ

  3. 県外留学2020

    県外留学2020!もっと自由に、いっぱい学ぶ

  4. [2024]相愛大学オープンキャンパス無料体験ツアー

  5. イメージ

    【千葉商科大学 サービス創造学部】企業へ課題解決提案プレゼンテーションを行いました

  6. シンガク情報フェスタ

    イベント終了しました【参加校一覧追加!】【2月開催決定】沖縄県の高校生のための春のシンガク情報フェスタ2024