ネイティブ教員と会話ができるMPPECで語学力アップ 「沖縄特別奨学生制度」を利用して明海大学に入学しました!

明海大学

イメージ

大学の近くには大型テーマパークがあり、何度も遊びに行っているそう。同じ高校の先輩も在学しているので、食事に行ったり、相談に乗ってもらったりと何かと心強い。

小学生の頃から英語が好きで、将来は英語を使う職業に就きたいという夢をもつ濱川さん。明海大学を知ったのは、ネイティブ教員と会話ができる施設”MPPEC(エムペック)”が新設されると知ったのがきっかけだった。興味を抱いた濱川さんは、高3の夏休みにオープンキャンパスに参加。充実した施設と先生や先輩に親しみを感じ、進学への想いを強くした。ほどなくして、沖縄出身の学生に奨学金が給付される「沖縄特別奨学生制度」が利用できる事もわかり、進学について家族に相談してみた。両親は賛成してくれたが、祖父母からは県内の大学をすすめられた。そこで濱川さんは、それまで以上に勉学に励み、明海大学で英語を学びたい気持ちを伝え続けたところ、最後は祖父母も応援すると言ってくれたという。入学して感じたのは、「留学生が多く国際色が豊かな学校なので、英語に接する機会も多く、自然と語学力が向上。また、先生との距離が近く、授業がなくても声をかけてくれるなど、いつも親身になってくれるのが温かいです」。濱川さんは今夏、大学生活での目標の一つであるカナダ留学を予定しており、とても楽しみだと語った。

お手製アルバム

進学時に贈られたお母さんのお手製アルバムは、幼少期からの家族写真や学生時代の思い出がたくさん詰まった一冊。「飛行機に乗ってから見て大号泣でした」。

寄せ書きとアルバム

高校卒業時に後輩から贈られた寄せ書きとアルバム。

イメージ

濱川 菜央 Nao Hamakawa
沖縄県立浦添高等学校出身。
明海大学 外国語学部 英米語学科2年。
「オープンキャンパスに参加したことで、HPやパンフレットだけでは読み取れない学校の雰囲気と情報が得られたので、安心感と期待感を胸に入学することができました」。

Message From〜保護者からのメッセージ

海外も視野に、やりたい事も沢山あるみたいなので、今しかできない色んな経験をして欲しいです。

保護者

平良 淳一さん・聖子さん(父・母)

小学校の頃はおとなしくて積極的ではなかったんですが、中学から始めたサッカーがきっかけで友達も沢山出来て変わってきた感じがします。中学では選手として、高校ではマネージャーとして頑張っていました。進路は、高3の時に自分で調べて明海大学に行きたいと話があって、県外進学は色んな経験も出来るだろうという事で賛成でした。毎日のように連絡も取って、相談もしてくれるので安心です。今の勉強も将来の夢も、健康じゃないと出来ないから食事のバランスには気をつけて頑張ってね。

関連記事

  1. イメージ

    県外に行くことを甘く考えないで!自分の意志と目標を持って大学を選んでほしい。

  2. イメージ

    あんなちっこい島にいたら、ないちゃーに戸惑うのは当然! 開き直って、新しい発見や経験を楽しんじゃおう♪

  3. イメージ

    未知の分野へチャレンジを恐れるな! ワクワクできる自分でいたら、全てが楽しい。

  4. 「この大学を選んで良かった。ここまで頑張って良かった」 積み重ねた努力の先にある喜びを教えられる教師になりたい!

  5. イメージ

    生徒の成績をサポートできる体育教師になるために、当たり前のことを一生懸命やりたい。

  6. イメージ

    旅をして、いろんな世界を見てみたい。成長できそうなことには、なんでも挑戦するよ!