製造業の生産システムを総合的に企画構成する感性が求められる

ものづくり系の仕事とは?

日本の名だたる大学や研究機関が参加する日本学術会議によると、ものづくりの定義を「人間社会の利便性向上を目的に人工的に「もの」(形のある物体および形のないソフトウェアとの 結合を含む)を発想・設計・製造・使用・廃棄・ 回収・再利用する一連のプロセスおよびその組織的活動であり、結果が社会経済価値の増加に寄与できるとともに、人間・自然環境に及ぼす影響を最小化できること。」としています。ものづくり技術者にはIT技術や電気・電子技術、機械技術をベースに製造業に必要な設計・製造から、回収・再利用までの総合的な企画構成力も求められます。

ものづくり系の仕事内容

電気技術者
事業用の電気工作物開発から維持・運用において保安管理を行う

電子技術者
家電製品からパソコンまであらゆる電子機器の回路設計や製造開発を行う

IT技術者
コンピュータのシステム設計やプログラミングを行う

組み込み制御技術者
産業用機器や装置、家電製品などにシステムを組み込む作業を行う

生産技術者
製造業などの品質・コストを含めた総合的な生産システムを構築する

物流情報技術者
膨大な量の物流情報を理解し、設計・開発などを行う

ものづくり系の国家資格

|電気工事施工管理技士|電気主任技術者|電気工事士|電気通信主任技術者|技術士|エネルギー管理士|基本情報技術者試験|ネットワークスペシャリスト試験|ネットワーク接続技術者|ITパスポート試験|ITストラテジスト試験|エンベデッドシステムスペシャリスト試験|

関連記事

  1. 早稲田大学

  2. 長崎県立大学

  3. 大阪コンピュータ専門学校

  4. 宇都宮大学

  5. 北海道文教大学

  6. 国立音楽大学